本と映画とぼっち飯

本と映画とひとり飯をまったり語ります

最小限主義。「大きい」から「小さい」へ モノを捨て、はじまる“ミニマリズム"の暮らし:沼畑直樹

ミニマリストの源流を垣間見たい ミニマリズムの精神を培いたい ミニマリズムは貧乏人の隠れ蓑じゃないよ モノも、仕事も、人間関係も最小限でいい―部屋を片付け、モノを捨て、減らす。キレイになった部屋で考える。さて、次は何を減らそう?最小限主義=ミニ…

風の谷のあの人と結婚する方法:須藤元気

マルチな人間になりたい 人間は何者にもなれるという確信がある ナウシカは俺の嫁 格闘家から作家へ。変幻自在のトリックスター・須藤元気が、“幸せに生きるヒント”を大公開。「自分をポジティブに変える近道は、プラス思考の人たちの中に身を置くこと」「無…

多動力:堀江貴文

やりたいことは全部やりたい 特別な人間になりたい ホリエモンがいうんなら絶対だ 「石の上にも三年」「真面目にコツコツ」が評価される時代は終わった――。インターネットの到来で、ありとあらゆるモノがつながった今、次から次に自分が好きなことをハシゴし…

革命のファンファーレ:西野 亮廣

やりたいことが見つからない 人の敷いたレールには乗っかりたくない 周りの色眼鏡の色は知らん クラウドファンディングで国内歴代最高となる総額1億円を個人で調達し、絵本『えんとつ町のプペル』を作り、30万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイター…

ヨチヨチ父-とまどう日々-:ヨシタケシンスケ

新米パパという認識すら薄いパパ そんなパパに冷めた目線を送るママ なにはともあれヨシタケシンスケが好き ママっていつもイライラしてるよね?パパって何か蚊帳の外だよね・・・?話題の絵本作家・ヨシタケシンスケが父になってわかった“トホホな真実"を描く…

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく:堀江貴文

ホリエモンが好き ホリエモンが嫌い 人生盛大にしくじった 誰もが最初は「ゼロ」からスタートする。失敗しても、またゼロに戻るだけだ。決してマイナスにはならない。だから、一歩を踏み出すことを恐れず、前へ進もう。 堀江貴文はなぜ、逮捕され、すべてを…

東京の夫婦:松尾スズキ

よる年の瀬に完全敗北してる 年の離れた嫁に完全敗北してる 松尾スズキの才能に完全敗北してる 「僕、51歳、福岡出身。M子、31歳、茨城出身。東京で出会った」 東京で家族を失った男に、東京でまた家族ができた。夫は、作家で演出家で俳優の51歳。妻は、31歳…

エッセンシャル思考:グレッグ・マキューン

多動力ってほんとに正解?って懐疑的 やっぱミニマム思考 どうにもやることが多すぎて何事も中途半端になりがち 2014年の『NYタイムズ』『WSJ』ビジネスベストセラー、日本上陸! ダニエル・ピンク(『モチベーション3.0』著者)クリス・ギレボー(『1万円起業』…

99の持ちもので、シンプルに心かるく生きる:ドミニック・ローホー

なんか生活がモヤモヤしてる ミニマムライフを実践してみたい ワタシハフランスジンダ シンプリストのお手本 シンプリスト・ミニマリストを目指す方々で知らない人はいないであろうドミニック・ローホー氏。フランス人作家さんで、シンプルライフ系の話にな…

わたしは最高にツイている:小林聡美

いつも自然体のゆっくりとした時間 著者は女優の小林聡美さん。記憶があるのは「やっぱり猫が好き」でなんとな~く覚えていて、映画「かもめ食堂」での自然体な演技でより好きになった女優さん。 几帳面さとズボラさを絶妙なバランスで持ち合わせている、な…

TOKYO YEAR ZERO:デイヴィッド・ピース

1945年8月15日。玉音放送の響く中で見つかった女の死体。そして1年後に発見される第二、第三の死体。GHQ占領下の東京に殺人鬼が徘徊している!そいつを追う警視庁の三波警部補。だが三波自身も警察組織も暗い秘密を隠していた…。実在の連続殺人に材をとり、圧…

1分間アドラー:桑原 晃弥

なんだか心がモヤモヤしている人 仕事や恋人との関係がうまくいっていない人 自分と向かい合いたい人 結局、我々に対人関係以外の問題はない スキマ時間を使って各分野の巨匠の教えを学ぶ「1分間シリーズ」。その中で、心理学者のアルフレッド・アドラーが…

東京百景:又吉直樹

文学的表現に笑いのエッセンスを添えて 芥川賞作家、ピースの又吉直樹氏のエッセイ集。 もはや芸人というより文筆家の印象が強い。 この本は芥川賞受賞作品「火花」が発売される前のもの。 あったりまえだけど芥川賞を受賞する手腕は著者の世界観にぐいぐい…

アウトロー:リー・チャイルド

平和なダウンタウンで起きた、ライフル狙撃による無差別殺人。容疑者は6時間後に逮捕された。証拠はこれ以上ないほどに揃っており、誰もが容疑者の有罪を確信していた。だが容疑者は黙し、たった一言だけを発した――「ジャック・リーチャーを呼んでくれ」。全…

モノが少ないと快適に働ける:土橋 正

モノやコトを極力減らし、本来のやるべきコトに集中する思想『ミニマリズム』 そのミニマリズムの思想をオフィスで活用するようおいてまとめられた本がこれ。全ての職種に適用できるわけではないが、ボクも同じくパソコン一台でも完結できる業種なので多いに…

マンガでわかる株式投資!女子高生株塾

バクバクさん、御年42歳。 株始めました。 この歳になるまでトンと縁のない世界だっただけに何がわからないかわからないというような状況。 で、初心者向けのサイトや書籍を流し見してみるんだけど、まあ案の定、専門用語の連続でぜんぜん頭に入ってこないわ…

しない生活 煩悩を静める108のお稽古:小池 龍之介

『禅』に興味があって、なにか読みやすいものがないかなと物色してた際に出会った一冊。 お坊さんの本は、丁寧な文体だけど禅語など専門的な言い回しも多く、さらに修行的側面も強いため、自分に活かすにはハードルが高いっていうイメージだった。 そこでま…