本と映画とぼっち飯

本と映画とひとり飯をまったり語ります

ゴートゥーヘル

ゴートゥーヘル(字幕版)

公開 2009年
制作 アメリ
時間 106分
監督 ラッセル・マルケイ
出演 トーマス・ジェーンヴィング・レイムス/エルサ・ パタキ/ダグ・ハッチソン
ストーリー ★★★★★
ハードボイルドアクション ★★★★★
60年代シン・シティ ★★★★★

バイオハザードIII」「ハイランダー」シリーズのラッセル・マルケイ監督が、「ミスト」のトーマス・ジェーン主演で描いたバイオレンスアクション。伝説の探偵マローンはホテルでスーツケースを回収するだけの簡単な仕事を引き受けるが、そこで待ち伏せしていた殺し屋たちに襲撃されてしまう。どうにかスーツケースの回収に成功した彼は、その中身を見て愕然とする。マローンに仕事を依頼した謎の美女エベリンは、売春王と悪名高いギャングのボス・ウィットモアに兄を人質に取られており、釈放条件としてそのスーツケースを要求されていた。しかしエベリンの兄は殺害され、マローンとエベリンも命を狙われてしまう。

映画.com

 

チグハグな世界観だが監督のこだわりが好き

なぜか定期的にGyaOで視聴できるので期間をあけて気づけば2回も観てしまった作品。

レビューの多くはシン・シティに似てるという意見が多い。

たしかにDVDパッケージとかモロ意識してるよね。

帽子にトレンチコートの60年代ハードボイルド小説のような主人公。

罠にはめられ追手に追われながら真相に迫るってのはワクテカ展開。

ただシン・シティと違い、世界観がどうにもチグハグしてる

主要登場人物たちは同じ世界感を共有したキャラだが、町並みは現代だしハードボイルドにも徹していない。母親のいる老人施設でのシーンは完全にコメディに全振りしてるしね。

ただその割に小道具はマニアックで主人公の愛銃は珍しいマテバの初期型リボルバー攻殻機動隊でトグサが使っていたタイプの初期型ね。

そして愛車はマーキュリー・モントレークーペ。これはコブラでスタローンの愛車だった。窓の小さい独特なデザイン。

この監督のこだわり。嫌いじゃない。

 

バイオハザード3の監督かぁ。3の監督かぁ…

小道具選びにいい感性してるなぁ。と思ったら監督バイオハザード3ラッセル・マルケイか…

実はバイオシリーズ中、3が一番クソと思ってるのよね。

続編でありなが、2のいいところが全然生かされてない。キャストを引っ張ってきただけという印象。

アポカリプス感が強すぎてどうにも次に続く気配を感じさせない。序盤以降の砂漠シーンが萎えるのよ。

…と思ってたら今作も監督の癖が見事に発言。この監督どうも序盤だけ活きがいい

冒頭の銃撃戦の過剰な血潮のインパクトで期待させたが、以降急激にテンションが落ちてくる。

これはもう意図的なもんなんだろね。

 

ストーリーよりもキャラで勝負

伝説の探偵で殺し屋、でも美女に嘘つかれまくる主人公マローントーマス・ジェーン)。

さんざんマローンを誘惑しながら最期は捨て台詞もなくあっけなく身内に殺される(ネタバレ)ヒロイン、エヴリン(エルザ・パタキー)
ちなみにエヴリンの人質にとられたのは作品説明では兄となっているが字幕では弟になっているという雑な翻訳。

部下に組織の金を横領されまくり、下剋上寸前の犯罪組織のボス、ウイットモア(グレゴリー・ハリソン)

妻の延命治療費の担保に漬けこまれ、ウィットモアにいいように使われる古参の殺し屋ボルダー(ビング・レイムス)

ペラペラ喋るだけ喋った上、主人公に二度も燃やされる放火魔の殺し屋マッチスティック(ダグ・ハッチソン)

総じて登場人物がみな人になめられているw

そして、この作品をもっともシン・シティたらしめているのが女暗殺者モーラー(クリス・イェン)

シン・シティの女暗殺者ミホは1作目がデヴォン青木、2作目はジェイミー・チャンとハリウッドでも一定の認知度がある役者さんだったが、このタンパクなお顔立ちの女優さん誰?って感じ。

調べてみたらなんとアクション俳優ドニー・イェンの妹さんでした!こりゃビックリ!
ちなみに公開当時35歳。童顔スゲェ!

とまあせっかくの逸材であるがモーラー自体は冷酷で寡黙な暗殺者というよりも完全にイカれたサイコパスなうえあっさり死ぬ。

ストーリーが残念なぶん、キャラ立ちは頑張ってる印象。

 

いろいろ何だかな~が多いがクセのある珍味

ストーリーや展開がごった煮感があって、決して名作ではないが2度も観てしまったということは変な中毒性があるようで。

決して好きな映画ランキングには入ってこないが、あれば観てしまう不思議な作品でございやす。

 


ゴートゥーヘル(字幕版) (プレビュー)

DVD・Blu-rayで観たいならネットで配送レンタルが便利

動画配信で見放題なら無料キャンペーン中のこちらも魅力