本と映画とぼっち飯

本と映画とひとり飯をまったり語ります

ターミネーター 新起動/ジェニシス

ターミネーター:新起動/ジェニシス (字幕版)

ストーリー ★★☆☆☆
アクション ★★★★☆
美少年ジョン・コナーを返せ ★★★★★

 

ジョン・コナーは若き頃の母サラ・コナーを守るため、カイル・リースを1984年に送り込む。しかし予想外の事態によって過去は書き換えられ、人類の未来も大きく変わろうとしていた。そして今、カイルはサラと“守護者”と共に世界を救うため新たな戦いに挑む。

出典:シネマトゥデイ

 シャワちゃん12年ぶりの復活!

さあ、人気のターミネーターも映画では5作品目となり、いよいよご長寿作品の味を醸しだして参りました。

なんとこの作品はシュワちゃんが12年ぶりに復帰っつうことで、もう老年になったシュワちゃんがどのように作品に絡むかが期待されたんだけど、蓋を開ければもうド直球にターミネーターだったね。

ターミネーターを覆う細胞も年をとって劣化していくという後付設定を添えて…(爆)

 

もはやなんでもありなのは、世界観がしっかりしてるから?

人類を滅ぼしたいスカイネットが、人類の救世主たるジョン・コナーを抹殺するためにタイムマシーンを開発。ターミネーターを過去へ送り込み、コナーの血族を抹殺しようとする

っていう主軸さえ守っていれば後は何やってもオッケーな雰囲気。

宇宙世紀ならどんな展開でも作品を広げられるガンダムのようだ。

このタイムマシーンがなかなかやっかいで、過去へ戻って未来を改ざんするので、どれだけでも設定を変えられる。

キャラクターの性格付けも変更できちゃうので、こうなるとコンテンツとしては、面白みがなくなって来ちゃったかなという印象。

ただ、それでもターミネーターの世界観は魅力的なので見ちゃうんだけどね。

 

最初から全員戦士

今回もタイムマシーンの力で根こそぎ設定を変えてきよったよ。

過去の4作は、T-800がジョン・コナーの疑似父親というのが基本設定。

今作は、T-800がサラ・コナーの育ての親という設定に変更され戦士しての英才教育を受けている。

ゆえに、カイル・リースが過去に到着した時点で既にサラ・コナーがバリバリの戦士

突如現れるT-1000への対策もバッチリで、2であれだけ苦しめられた新型を瞬殺。そりゃカイル・リースもキョドる。

あまつさえカイル・リースでさえ、1で登場するT-800を屠るという荒業。もはやターミネーター自体がそこまで脅威じゃねぇ……

というのも、回を増すごとにアクションが派手になるので、登場兵器がどんどん強力になってんのよね。

最初は警官から奪ったショットガンやホームセンターで買い集めた材料で爆弾作ったり、もっと泥臭いことしてたのに、今ではグレネードやら50口径のライフルやら軍隊ばりの兵器があっさり登場。

なので、追いつめられてる感があまりない。やっぱり手元に武器がなければ作る。追い詰められた時に発揮するひらめきなど、行動に制約がないと面白みって生まれないのかなって思う。

 

美しすぎるサラ・コナー 劣化するジョン・コナー

T-800はシュワちゃんの固定席だけど、ジョン・コナーとサラ・コナー、カイル・リースは2以降は毎回違う俳優が演じてる。

サラ・コナーはエミリア・クラーク。『ゲーム・オブ・スローンズ』で人気の女優さんね。可愛い系の超美人。

カイル・リースはジェイ・コートニー。まだ完全な主演作はないようだけど、『ダイ・ハード/ラスト・デイ』でジョン・マクレーンの息子役だった人。

そしてジョン・コナーはジェイソン・クラーク。美少年だったジョン・コナーを返せw 完全に悪人顔じゃねぇか

それもそのはず、今回世界を救うジョン・コナーが不憫すぎて目も当てらないw

でも、はなから悪人顔なので同情はせん。

 

シュワちゃんターミネーターじゃなきゃつまらない

なんだかんだいってもシュワちゃんターミネーターを見るとワクワクするのよ。
今回3部作の予定らしいので、最後に超絶進化したシュワちゃんがどう作品を引っ張っていくのか楽しみではあるよね。


『ターミネーター:新起動/ジェニシス』予告編 人類の救世主編

ターミネーター:新起動/ジェニシス (字幕版)
 

 

11月8日ターミネーター新作公開!!

最新作『ターミネーター:ニューフェイト』が今年公開との情報!

2の正統な続編ってことで、リンダ・ハミルトンがサラ・コナーとして復帰するよ!もうおばあちゃんだったよ!

3以降の話は全無視らしいよ。どうかしてるぜ!


映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』予告編

DVD・Blu-rayで観たいならネットで配送レンタルが便利

動画配信で見放題なら無料キャンペーン中のこちらも魅力