本と映画とぼっち飯

本と映画とひとり飯をまったり語ります

刑事ニコ/法の死角

刑事ニコ/法の死角(字幕版)

公開 1988年
制作 アメリ
時間 99分
監督 アンドリュー・デイヴィス
出演 スティーヴン・セガールパム・グリアシャロン・ストーン
ストーリー ★★★★★
アクション ★★★★
実はちょっと豪華な配役 ★★★★★

シカゴ市警の敏腕刑事ニコ・トスカニーニ。麻薬取引の現場に張り込んだ彼は、壮絶な銃撃戦の末、全員を逮捕する。が、何者かの圧力により犯人たちはすぐに釈放され、ニコは捜査から外されてしまう。納得できない彼は独自に捜査を始め、元CIA特殊工作員の能力と合気道の技を駆使し、法を逃れた悪を追いつめていく。セガールの衝撃的な映画デビュー作として知られる本作品は、ニコの妻役でシャロン・ストーンも出演している。製作・監督・脚本に「沈黙の戦艦」のアンドリュー・デイヴィス。

amazon

セガール兄貴主演の処女作

今や竹内力のような独特な風貌のセガール兄貴主演の第一作。

ガチの合気道有段者ティーブン・セガール。悪党相手に殴る蹴るよりも極めて投げるというスタイルが子ども心に新鮮だったのよね。

当時のアクション映画つったら、アーノルド・シュワルツェネッガーシルベスター・スタローンの2大マッチョによる殴り合いの肉弾戦、筋肉ついてるほうが勝つ!みたいなパワー重視の演出がほとんど。

この作品でセガール兄貴が見せた、実戦的なファイトスタイルが昨今のアクション映画で定番になりつつある実戦的な格闘技を駆使したリアルな格闘シーンにつながっているように思う。

武道を本格的に映画に取り込んだパイオニア的作品ね。

 

以降、アクション映画の出世街道を歩くセガール兄貴だが、いかんせん自身が監督する主人公の演出が無敵過ぎるという傾向が目にあまり、ヒット作「沈黙の戦艦」より、ほぼ全ての作品の邦題に「沈黙の~」というワードがついてくる沈黙シリーズがスタート。

シリーズといっても作品同士の繋がりは一切ない。作品自体は沈黙でもない。そして会を重ねるごとに「沈黙」という言葉から醸し出されるB級臭。かわいそうとしかいいようがない。

 

それでも悪党の手首をバキバキに折りながら孤軍奮闘するセガール兄貴はかっこいい!

いや~久々に観たけどシュッとしててかっこいいですな兄貴!

改めて思ったけど兄貴、生え際何かあった?

ジョン・トラボルタと同じものを嗜んでいるのかもしれない。

 

あと何気にシャロン・ストーンパム・グリアとのちの大物女優が出ていてびっくりした。

あの人たちが後年、ノーパンで脚組み替えたり、タランティーノにぞっこん惚れられたりするなんて思いもよらんかったわ。

 

ストーリーはとにかく主人公セガール兄貴が徹底して我を通すというわかりやすいものなんで楽しんでね♪


刑事ニコ/ 法の死角【予告編】

 

DVD・Blu-rayで観たいならネットで配送レンタルが便利

動画配信で見放題なら無料キャンペーン中のこちらも魅力