本と映画とぼっち飯

本と映画とひとり飯をまったり語ります

霊幻道士

霊幻道士(吹替版)

公開 1986年
制作 香港
時間 96分
監督 リッキー・ラウ
出演 ラム・チェンイン/リッキー・ホイ/チン・シュウホウ/ムーン・リー
ストーリー ★★★★
ホラー ★★★★
香港ホラーの金字塔 ★★★★★

ある日、街の富豪ヤンから先代である父親の改葬を依頼された道士カオ。ところが、墓地を掘り起こしてみると20年間も埋葬されていたにもかかわらず、遺体は全く腐敗していなかった。ヤンの父親は生前に大きな恨みを買っており、風水的に誤った方法で埋葬されていたためにキョンシーになりかけていたのだ。

呪いが進行して危険な状態であると悟ったカオが遺体を引き取り、処置を施そうとするが弟子のミスによって遺体は完全にキョンシー化し、義荘から姿を消してしまった。

その夜、ヤンはキョンシーとなった父親に襲われて殺害され、翌日に現場捜査に訪れた保安隊長ウェイの勘違いで、カオは殺人容疑者として逮捕されてしまうのであった。

霊幻道士 - Wikipedia

香港ホラーの牽引役

その昔、香港映画ブームというのがありましてな。

火付け役はブルース・リーカンフー映画。そして次の世代のジャッキー・チェンユン・ピョウサモ・ハン・キンポーから本格化し、ジャッキー主演作品が大手映画館でバンバン上映していた黄金時代。

そのブームの最中『香港ホラー』という新ジャンルが登場したんですな。幽霊サイキックなどを取り入れつつ、日本や欧米のホラーとはまた趣の違う雰囲気が魅力だったんだが、ここで登場したキョンシーというキャラクターが受けて一つの流れを作ったわけです。

今でもゲームや漫画キャラでちょいちょい出てくるキョンシー

今の子って知ってんのかね?キョンシー吸血鬼とゾンビを合わせたようなクリーチャー

基本は死んだ人間ってことでゾンビの類なんだけど、吸血鬼のように牙と爪が生え人を襲う。噛まれた人間も毒が回り最終的にキョンシーになる。

これだけだと、まあ誰にでも思いつく仕様だが、キョンシーキョンシーたらしめるのが独特の動作

死後硬直によって肘膝の関節が固まっているので、両手を伸ばし、飛び跳ねながら移動するという独特の設定。まあこれ真似してみるとわかるけど、肘膝以前に足首の柔軟性ないとできないんよね、この動き。死後硬直っていったい…… まあそういうのは置いといて。

そして面白いのが、道士という職業の人がお札を使ってキョンシーを使役できるところ。

元々は死体を効率よく運搬するために死体に動いてもらうという原理らしいんだが、お札が取れれば暴走して人を襲い出すいうリスキー過ぎる商売なわけで。

お札次第で敵にも味方にもなる

この駆け引きのドタバタとカンフーが合わさったテンポの良さが他のホラー作品になく、新しかったんよ。

香港エンターテイメントの満漢全席

キョンシー自体はホラーだが、ジャンル的にはホラーコメディになる。

子どもが初見で見るにはなかなかの怖さなんだけど、当時の香港映画は大筋以外のところにコメディお色気アクションと目いっぱい詰め込むエンタメの満漢全席といった味付けなので万人受けのマイルドな作品になるよ。

加えて、多少の設定は現場の雰囲気に任せるというおおらかな制作で、キョンシーいつの間にか普通に歩いたりと自由度が高い(爆)

このゆるさと人命軽視のアクションを是非堪能していただきたい。

いまでもちょいちょい新作が出てる同シリーズ。いまだブームの火は消えていない。


映画予告編 「霊幻道士」

 

霊幻道士(字幕版)

霊幻道士(字幕版)

  • メディア: Prime Video
 

DVD・Blu-rayで観たいならネットで配送レンタルが便利

動画配信で見放題なら無料キャンペーン中のこちらも魅力