本と映画とぼっち飯

本と映画とひとり飯をまったり語ります

TOKYO YEAR ZERO:デイヴィッド・ピース

TOKYO YEAR ZERO (文春文庫)

1945年8月15日。玉音放送の響く中で見つかった女の死体。そして1年後に発見される第二、第三の死体。GHQ占領下の東京に殺人鬼が徘徊している!そいつを追う警視庁の三波警部補。だが三波自身も警察組織も暗い秘密を隠していた…。実在の連続殺人に材をとり、圧倒的リアリティで描く戦後の闇。衝撃の警察小説大作。

英国人作家が描く生々しい戦後日本

英国人作家デイヴィッド・ピースによる終戦直後の東京を舞台としたミステリー小説。
日本人でさえ詳しくは知らない戦後すぐの東京の闇を、匂いまで伝わってくるような生々しさで表現した作品は、ちょっと他では見たことない。

実際に起こった連続強姦殺人事件を下敷きに、戦後の日本における混乱と困窮をリアルに表現しており、不安感というか不快感というか狂気に侵されていく主人公の心象風景がなんとも、足元がぐらつくような感覚に襲われる。

なまじ日本人作家よりもその描写力が圧倒的で、その分けっこうハートにダメージがきちゃうんだけど、戦後日本の有様を想像するにはピッタリの作品かもしれない。

 

TOKYO YEAR ZERO (文春文庫)

TOKYO YEAR ZERO (文春文庫)